for STREETFIGHTERS
www.BugBro.com
Bug eyes Brothers
日本で1番最初のストリートファイター系カスタムパーツの通販サイト
バグブロドットコム
 
ご利用規約 | 配送方法&送料 | お支払方法
Home > ヘッドライト > バグブロヘッドライトキット



バグブロヘッドライトキット

(フォーク径φ41φ54用)

2018年9月販売開始!



フロントフォーク径がφ41のレーサーレプリカ車や、
ホーネット250やVTR250、
そしてアンダーブラケット部分のフロントフォーク径が、
φ54の倒立フォークが入ったスーパースポーツ車などのストリートファイター製作時にお勧めな、
バグブロドットコムオリジナルのLEDヘッドライトキットです。




サイドのブラケットには取り付け径がM8(8mm)のウィンカーの取り付けが可能な為、
別途ウィンカーステーの購入が必要なく経済的です。

また、
ウィンカーの取り付け方法は、
M8のネジ部分は利用せず、
ブラケットのφ8の穴にウィンカーのM8部分を挿し込み、
ホーローネジ(平先)で締め付けるという設計の為、
ウィンカー取り付け用のナットは露出せず、
非常にスタイリッシュな外観となります。

また、
この取り付け方法は、
通常のナットで締め付ける場合に対して、
ウィンカーの角度調整が容易です。

また、
ブラケットの両端の幅は240mmある為、
このヘッドライトキットにウィンカーを装着した場合、
左右のウィンカーのレンズの内側が240mm以上必要という保安基準もクリアします。




↑は、ロービーム点灯時の様子で、
小型ですがハイパワーでかなり明るいです。




ロービームは水平より下を広く照らすというレンズカットです。




↑は、ハイビーム点灯時の様子です。




ハイビームは全体を照らすというレンズカットです。




別に販売しております、
LEDヘッドライトキット(フォーク径φ35〜φ54用)に対して、
ヘッドライト取り付けステーの角度が無段階に調整可能で、
その為にステーとヘッドライトを平行に保つ事が出来る為、
ヘッドライトの取り付けネジとヘッドライトの干渉を防ぐと共に、
ヘッドライトに付属するコの字型ステーに開けられた十文字の穴の前後左右の取り付け位置の調整が可能です。

また、
ヘッドライト取り付けネジやナットへの工具のアクセスのしやすさの向上により、
ネジやナットの増し締め等もより容易になっております。

また、
パッと見、
ネジやナットを見せないという部分にも徹底的にこだわりました。

また、
適合する車種は、
CBR400RRやNSR250Rなどの90年前後の正立フォークが入ったレーサーレプリカ車と、
ホーネット250やVTR250などのロードスポーツタイプモノショックネイキッド車と、
現行車ではMT-25や新しいNinja250/400に適合するφ41用と、
CBR1000RRやYZF-R1などのリッターSS(スーパースポーツ車)や、
FZ1などに採用されている、
下側のフォークブラケットの内径がφ54用の2種類を開発しました。

つまりは、
レーサーレプリカ車やリッターSSをファイター化する際にお勧めのヘッドライトキットです。




↑は、
中央のステーをフォーククランプと平行にした状態です。




↑は、
ステーを下向きにした状態で、
キャスター角に関係なく、
中央のステーは地面に対して水平にセットする事が可能で、
この部分にも非常にこだわりました。




中央のステーは、
ステー上部に取り付けたサイコロみたいなブロックを、
サイドのブラケットに差し込む形で組み立てます。




サイコロ形状のブロックは、
ステンレス製のホーローネジで締め付けます。




また、
サイドのブラケットはフォークステーにM6のステンレスキャップボルトで取り付けますが、
フォークステーの裏側をポケットミル(弁当掘り)加工している為、
上から見た場合にはキャップボルトの頭は見えなくなるという設計です。




また、
サイドのブラケットは、
フロントフォークの前面から、
20mm、40mm、60mmの部分に取り付け可能です。




このフォークステーは、
大きな肉抜き加工も相まって、
たったの42グラムしか有りません。




また、
これまで販売されていたライトステーは、
ほぼ全てがクランプ方式でしたが、
こちらのステーは、
クランプ方式ではなく、
ステンレス製のホーローネジで締め付けるスタイルとする事で、
こちらもクランプの為のネジなどを見せないという事にこだわりました。




そして、
この部分に使用しているホーローネジは、
通常の「クボミ先」タイプではなく、
フォーク側に極力キズを付けないよう、
高価な「平先」タイプを採用し、
表面が硬い正立フォークのインナーチューブであれば、
ほとんどキズは入らないという感じです。




また、
アルミ製の倒立フォークのアウターチューブに取り付けた場合には、
↑の画像程度の痕跡が残りますが、
フォークの裏側の見えない部分で、
性能的に問題が発生する事もほぼ無い為、
ステアリングダンパーのフォーク側のブラケット等を取り付けた際に付くキズに比べれば大した事が無いので、
これ位は許せるという方向きの商品です。




ボディーが削り出しのABMリノーバ・LEDウィンカー(左右セット)を装着すれば、
削り出しのステーやブラケットと相まって、
非常に高品質なルックスになると共に、
取り付けボルトやナットが見えない事で、
より所有する満足感が高まります。




ウィンカーの取り付けもホーローネジで締め付ける方式で、
通常のナットで締め付けるスタイルですと、
ナットを締め付けていくとウィンカーが回転してしまい、
ウィンカーの左右の平行度を出す際に若干イライラ致しますが、
このホーローネジで締め付けるスタイルですと、
ウィンカーの角度を一発で決められます。

また、
当店で販売している取り付け部分がM8のウィンカーは、
ネジ部分の長さが大体20mmなのですが、
このブラケットの幅も20mmとしている事で、
ウィンカーのナットはおろか、
ネジ部分も隠す事が可能で、
この部分にも非常にこだわりました。




また、
ヘッドライトのステーはより強い取り付けが出来るよう、
右側の「クボミ先」タイプのホーローネジを採用しておりますが、
ウィンカー取り付け用には、
フォークステーと同じく、
ウィンカーのネジ山を極力潰さないよう、
左側の高価な「平先」タイプのホーローネジを採用しております。




ちなみに、
仮にウィンカーのネジ山が潰れたとしても、
通常のスタイルで取り付ける事になった場合に極力影響が出ないよう、
ウィンカーの根元に近い部分を締め付けるべく、
ホーローネジのネジ穴は外側に近い位置にオフセットして開けております。




もちろん、
LEDヘッドライトキット(フォーク径φ35〜φ54用)と同じく、
フォークステーとサイドのブラケットが別体な事で、
フォーク間ピッチの影響を受けず取り付けが可能です。




ステーは全てジュラルミン(A2017)削り出しで、
フォークステーの大幅な肉抜きと相まって、
M8などの重量があるボルトやナットを採用しない事で、
たったの190グラムと超軽量です。




また、
ヘッドライト取り付け用のボルトは、
最初からスプリングワッシャーが1枚組み込まれている、
上側にヘッドライトを取り付ける用にステンレス製のアプセットボルト2本、
上側にヘッドライトを装着しない場合には、
ボルトの頭が目立たないよう、
ステンレス製のボタンキャップボルト2本をセットし、
また、
大型のステンレス製ワッシャーとステンレス製ナットもセットしております。




ちなみに、
ヘッドライトに付属のコの字型のステーには、
↑のように十文字の穴が開いておりますが、
通常の大きさのワッシャーでは、
中央で締め付ける場合に接地面積が小さく締め付けに不安が残ります。




しかし、
こちらのヘッドライトキットには、
ヘッドライトを3ヶ所取り付ける場合を想定して、
座面が大きく錆に強いステンレス製の黒いワッシャーを6枚付属させております。




LEDヘッドライトに元々付属するナベ小ネジは、
プラスドライバーでの締め付けで、
あまりトルクがかけられず、
ヘッドライト取り付け後にヘッドライトの向きの調整などをしておりますと、
ナットが緩んでしまうリスクが高く、
実際にナットが緩んだ場合には、
締め付けの際にわざわざヘッドライトを取り外す必要が御座いましたが、
こちらのキットは頭が六角で錆に強いステンレス製のアプセットボルトを採用する事で、
↑のようにヘッドライトを取り付けた状態でのボルトやナットの増し締めが容易です。




↑は、
別に販売している「φ50バーチカルヘッドライト」で、
CNC削り出しライトステー【ブラック】」と組み合わせた場合、
1,246グラムと1キロを越えてしまいます。




しかし、
軽量なLEDヘッドライトを採用している、
LEDヘッドライトキット(フォーク径φ35〜φ54用)」の場合、
866グラムとかなり軽量でした。




しかし、
「バグブロヘッドライトキット」は、
重量はたったの646グラムと、
220グラムも軽くなり、
更に軽量で、
実に、
φ50バーチカルヘッドライト」と「CNC削り出しライトステー【ブラック】」の組み合わせに対して、
約半分の重さしか有りません。




↑は、
バグブロドットコムで製作した、
CBR400RRベースのファイターへの取り付け例です。

中央のステーの厚さが3mmと薄く、
地面に対して水平にセット出来る事から、
ヘッドライトの“浮いてる感”がより強調されます。




↑は、
ロービームを1個追加して3灯にした状態です。

ちなみに、
こうした組み合わせでヘッドライトを装着する場合には、
ロービームの取り付けボルトは、
ボルトの頭が目立たないよう、
ボタンキャップボルトの使用を推奨致します。




前述のように、
ウィンカーは保安基準に適合する場所に設置が可能です。




パラレル(並列)にヘッドライトを装着した場合でも、
ヘッドライトの取り付けの為のネジに工具がアクセス出来ます。




これまでのバルブを使用したヘッドライトの車両の省電力化にもお勧めですが、
すでにスタンダードになりつつある、
ノーマルでLEDヘッドライトを採用した車種は、
バルブ式のヘッドライトは装着出来ない為、
そうした車種に向け、
ストリートファイター化の定番アイテムだった「バグアイヘッドライト」に代わる、
あらたなストリートファイター化用のヘッドライトとして提案させて頂きたいヘッドライトキットです。






↑は、
「バグブロヘッドライトキット」を装着した、
バグブロドットコムで製作したCBR400RRベースのファイターと、
バグブロドットコム代表の山口で、
私が開発及び設計し、
私が販売しています。




インナーチューブ径がφ41(41mm)の正立フォークを

採用している車両のリストです


注意!
このデータリストはあくまでも参考です。
データを基にカスタムを行う場合は、
必ず現車を確認してください。

このリストでのクレームは一切お受けできません。


ホンダ
ヤマハ
ホーネット600
CBR400RR(88- )
VFR400R(NC30)
ホーネット250
VTR250
NSR250R(88- )
MT-07
FZR400R(89)
MT-03(15- )
YZF-R3
MT-25
YZF-R25
TZR250(89)

スズキ
カワサキ
GSX-R400(88-89)
バンディット400/V
RGV250Γ(88-89)
GSX-R250R(89)
バンディット250/V
ウルフ250
ニンジャ400(18- )
ニンジャ250(18- )





ハンドルクランプ部分のアウターチューブ径がφ50(50mm)

アンダーブラケット部分のアウターチューブ径がφ54(54mm)

の倒立フォークを採用している車両のリストです


注意!
このデータリストはあくまでも参考です。
データを基にカスタムを行う場合は、
必ず現車を確認してください。

このリストでのクレームは一切お受けできません。


ホンダ
ヤマハ
CBR1000RR(04-07)
CBR954RR(02-03)
CBR929RR(00-01)
FZ1
YZF-R1(07-08)
YZF-R1(04-06)
YZF-R1(02-03)
YZF-R1(00-01)
YZF-R1(98-99)

スズキ
カワサキ
GSX-R1000(05-06)
GSX-R1000(03-04)
GSX-R1000(00-02)
GSX-R750/600(04-05)
GSX-R750(00-03)/600(01-03)
ZX-10R(06-07)
ZX-10R(04-05)





φ50LEDヘッドライト【ハイビーム】&φ44LEDヘッドライト【ロービーム】

PAMSヘッドランプブースター【シングルランプ用】
◆光量不足対策にお勧めです◆

ABMリノーバ・LEDウィンカー(左右セット)
◆削り出しボディーで高品質です◆

ガッジーニ・シーケンシャル(流れる)ウィンカー
◆アルミボディーで高品質です◆

LEDウィンカー・リトルジェム
◆アルミボディーで高品質です◆

LEDウィンカー・ブレイド(左右セット)


◆製品の特徴
φ50LEDヘッドライト【ハイビーム】&φ44LEDヘッドライト【ロービーム】と専用取り付けステーをセットしたキットです。
● 取り付けステーはパラレル(並列)での取り付けも可能です。
● 取り付けステー及びクランプはジュラルミン(A2017)製です。
● 使用しているボルトやワッシャー類は全てステンレス製です。


【ご購入時の注意】


※交換は技術力のあるバイクショップに依頼して下さい。
※写真はイメージです(モデルチェンジ等で予告なく形状が変わることもあります)。
※こちらの商品は、現在バグブロドットコムの通販のみの販売の為、バイク用品店等でお求めすることは出来ませんので、予め御了承してください。
※形状は予告なく変更する事も御座いますので予め御了承してください。



LEDヘッドライト用H4コネクターキット(2〜4灯用)

↑は、
H4バルブを使用している車両に、
バグブロヘッドライトキットを装着する際に便利なコネクターキットで、
キット内容は、
H4変換ハーネス、Y字型接続端子です。




H4変換ハーネスの青いコードはハイビームに接続し、
H4変換ハーネスの緑のコードはロービームに接続し、
H4変換ハーネスの白いコードはアースに接続してください。



バグブロドットコムのステッカーもプレゼント!



 「バグブロヘッドライトキット」をご購入された方には、120mm×15mmの「www.BugBro.com」と「ナックルダスター」のステッカーもプレゼントいたしますので、ストリートファイターのカルチャーを愛すバグブロドットコムのお客様としての属性証明にご利用して頂ければ幸いです。

2018年9月1日より

ストリートファイターを愛すライダーとしての属性証明にどうぞ!




ご利用規約 | 配送方法&送料 | お支払方法

納期について | 買い物かごが表示されない場合



業務販売について

業務販売をご希望の業者様は、
↑のリンク先を通読し、
内容を全てご理解して頂いた後、
記述している内容に従いご注文して頂きたく宜しくお願い致します。

また、
一般のお客様か業者様かの判断が出来ない為、
業務販売の可否や仕切り等については、
お電話でのお問合せでは即答出来ませんので予め御了承してください。

商品をご購入して頂いたショップ様







★バグブロヘッドライトキット【φ41】
※取り付け部分のフロントフォーク径がφ41(41mm)用です※
※標準でハイビーム1個とロービーム1個の組み合わせとなります※
※ヘッドライトはECE規格適合商品です※
※ヘッドライトは点灯チェックして発送致します※
※LEDヘッドライトに関する詳細はこちらをご参照して下さい※
※90年代のレーサーレプリカ車のネイキッド化の際にお勧めです※
(2018年9月1日販売開始)

※これまでの販売数:2セット(合計)
※これまでの販売数:1セット(4灯)
※これまでの販売数:1セット(3灯)

取り付けボルト変更のレポート【マイ・ベイビー・ブレード】
装着のレポート【マイ・ベイビー・ブレード】




領収証発行OK!
(宛名や但し書きは自由に設定可能です)

即日発送!
(平日午後3時までの在庫品の受注確定分)


★カード決済、代引(国内在庫品のみ)、銀行振込のご利用が可能です★







★バグブロヘッドライトキット【φ54】
※取り付け部分のフロントフォーク径がφ54(54mm)用です※
※標準でハイビーム1個とロービーム1個の組み合わせとなります※
※ヘッドライトはECE規格適合商品です※
※ヘッドライトは点灯チェックして発送致します※
※LEDヘッドライトに関する詳細はこちらをご参照して下さい※
※倒立フォークの国産リッターSS等のネイキッド化の際にお勧めです※
(2018年9月1日販売開始)




領収証発行OK!
(宛名や但し書きは自由に設定可能です)

即日発送!
(平日午後3時までの在庫品の受注確定分)


★カード決済、代引(国内在庫品のみ)、銀行振込のご利用が可能です★




LEDヘッドライトキット(フォーク径φ35〜φ54用)
より安価なヘッドライトキットをお求めの方にお勧めです。


  for STREETFIGHTERS
www.BugBro.com
Bug eyes Brothers
日本で1番最初のストリートファイター系カスタムパーツの通販サイト
バグブロドットコム
 

Copyright(C)ABM JAPAN All rights reserved ページのトップへ